六 曜 の 吉 凶
せんかち

先 勝
先んずればすなわち勝つ、の意。
万事に急ぐことが吉。
訴訟事吉。午後何事も悪し。
ともびき

友 引
凶事に友を引く、凶禍が共に及ぶ、の意。
古くは「勝負なき日」祝い事、朝晩は吉。
正午は凶、仏事葬礼は大凶。
せんまけ

先 負
先勝の逆で、先ずればすなわち負けるの意。
「万事平静が良し」勝負事や急用事は
なるべく避け、万事控えること。
昼過ぎから日暮れまで吉。
ぶつめつ

仏 滅
物滅が転じて仏滅となる。 六曜のなかで
大凶で祝い事、法事など万事に凶で何事にも
うまくいかない大悪日。 この日病めば長引く
とされ、移転、開店も忌み禁じられている。
たいあん

大 安
大いに安し、の意。
万事に用いて吉、成功せざる事なき日。
しゃっこう

赤 口
陰陽道でいう凶日の一つ。
正午だけが吉で、朝晩は凶。
特に祝い事は大凶。