二十四節気 の 由来
1月 しょうかん

小 寒
寒気が最高とまではいかないが
降雪も増える。
この日から節分までを「寒の内」といい
約三十日間厳しい寒さが続く。
だいかん

大 寒
新暦一月二十日頃、「小寒」からかぞえて
十六日目。
益々寒さ厳しく一年で最も寒い季節。
2月 りっしゅん

立 春
旧暦正月、旧暦ではこの日が一年の
始めとされ、春の気が立つという意味で、
冬と春の分かれ目の日。
うすい

雨 水
立春後十二日目にあたり、今まで降った
雪や氷が解けて水となり、雪も雨と
変わるという意味。
3月 けいちつ

啓 蟄
旧暦二月、新暦三月五日か六日頃。
冬眠していた虫も目を覚まして地上に
這いだして来るという意味。
しゅんぶん

春 分
この日太陽は真東より昇り真西に沈み、
昼と夜の時間がほぼ等しくなる。
彼岸の中日でもある。
4月 せいめい

清 明
春分後の十五日目に当たり、「清浄明潔」
を略したもので、春先の清らかで
生き生きした様子をいったもの。
こくう

穀 雨
この頃の雨は農作物を盛んに生長させ
百穀を潤す春雨の意味。
5月 りっか

立 夏
ゴールデンウィークの終わり頃、
春もようやくあせて
夏の気が立ち始め夏の訪れを感じる。
しょうまん

小 満
立夏後十五日目、万物しだいに
成長して実を結び、陽気盛んとなり
満つるという意味。
6月 ぼうしゅ

芒 種
梅雨入り前、稲や麦など芒(のぎ)
の有る穀物の種を植え付ける季節。
げし

夏 至
この日北半球では昼が最も長くなり、
反対に夜が最も短くなる。
7月 しょうしょ

小 暑
梅雨も明けて本格的に暑くなってくる。 たいしょ

大 暑
夏至から約一ヶ月後、一年中でもっとも
気温の高い酷暑の季節。
8月 りっしゅう

立 秋
この日から旧暦では秋にはいり秋の
気配が感じられるが、
実際は高温のピークとなる。
しょしょ

処 暑
残暑の厳しさもこの日を境におさまり
穀物の収穫も間近となる。
9月 はくろ

白 露
秋分前の十五日目にあたり、草花に
白露が結び秋の気配を感じさせる季節。
しゅうぶん

秋 分
太陽が真東から昇り真西に沈む
この日は、春分の日と同じく昼と夜の
長さが同じで、秋の彼岸の中日。
先祖を敬い亡くなった人の御霊を偲ぶ日。
10月 かんろ

甘 露
秋分後の十五日目にあたり、草の葉に宿る
露も霜となる。五穀の収穫も盛んとなる。
そうこう

霜 降
秋も末となり霜がおり、紅葉も始まる。
11月 りっとう

立 冬
冬の気配が立ち、日も短くなる。
寒冷地では地面も凍り始める。
しょうせつ

小 雪
冬と云っても雪や寒さもまだ厳しく
ないが冬来は目前である。
12月 たいせつ

大 雪
新暦十二月七日頃、北風も強く
降雪も多くなってくる。
とうじ

冬 至
北半球はこの日太陽の高さが一年で一番
高くなり、一年で昼が一番短く夜が長い。
寒さも厳しくなり、あずき粥やかぼちゃを
食べ、ゆず湯にはいる風習がある。