潮 汐 の 説 明
おおしお

大潮
満月と新月の頃、干満の差の最も大きい潮。
旧暦29日〜2日、14日〜17日にあたる。
なかしお

中潮
大潮と小潮との間の潮で、旧暦の
3日・4日・5日・6日・12日・13日・18日
・19日・20日・21日・27日・28日
の潮をいう。
こしお

小潮
潮汐の干満の差が最小となる潮。 月と太陽が
地球を中心に直角の方向にくる上弦と下弦のとき
それぞれの起潮力が打ち消し合って起こる。
旧暦7日〜9日、22日〜24日の頃の潮。
ながしお

長潮
干満の間隔が長く、変化が緩やかな時期。
旧暦10日と25日の潮をいう。
わかしお

若潮
長潮の翌日から潮の干満の差が大きくなる潮。
旧暦11日と26日にあたる。