和月名の説明・由来
和月名は元来旧暦月の異称で、気候や祭事などその季節に
あった名称でしたが、新暦になっても旧暦の呼称がそのまま
使われてます。実際の季節とは1〜2ヶ月ずれた感じです。
むつき

睦 月
旧暦正月の異称。むつびづき。むつびのつき。
親類一同集まって睦びあう月。《季節・新年》
きさらぎ

如 月
寒さのため衣(きぬ)をさらに重ねて着る月。
衣更着(きさらぎ)。旧暦二月の異称。《季節・春》
やよい

弥 生
草木がいよいよ生え茂る月。旧暦三月の異称。
弥生い(いやおい)。《季節・春》
うづき

卯 月
旧暦四月の異称。この月から夏にはいり
衣更(ころもが)えをした。
十二支の4番目「卯」にかけて4番目の月の意も。
《季節・夏》
さつき

皐 月
「さ」は神稲の意か。
早月(さつき)=早苗(さなえ)を植える月。
旧暦五月の異称。《季節・夏》
みなづき

水無月
「みなつき」とも。「な」は「ない」の意に
意識されて「無」の字が当てられるが、本来は
「の」の意で、「水の月」「田に水を引く必要の
ある月」の意。旧暦六月の異称。《季節・夏》
ふみづき

文 月
古くは穂含月(ほふみづき)とも。
稲の穂が実る月。旧暦七月の異称。《季節・秋》
はづき

葉 月
葉落ち月(はおちづき)の意か。
木々の葉が落ちる月。旧暦八月の異称。
《季節・秋》
ながつき

長 月
夜長月(よながづき)とも。
ながつきばな「長月花」は秋菊のこと。
旧暦九月の異称。《季節・秋》
かんなづき

神無月
「な」は「の」の意で「神の月」新穀を神に捧げる神嘗月(かんなめづき)の意か。俗に全国の神々が出雲大社に集まり諸国が「神無しになる月」の意。
旧暦十月の異称。《季節・冬》
しもつき

霜 月
霜の降る月。旧暦十一月の異称。《季節・冬》
しわす

師 走
語源未詳。「師走」は当て字。
一説には師匠も趨走(すうそう)する意も。
旧暦十二月の異称。《季節・冬》